トップ > 共住

  

  

  

  

  

  

犬と住まいる協会

  

  

共住   建物の“建”に“にんべん”がついて健康・・・住まいは健康の源・・・ペットと住まうを真剣に掘り下げる「共住」

★ペット育児マガジン2017年3-4月号 ペットスマイルネットワーク

2016年7-8月号
2015年7-8月号 2015年7-8月号
2015年7-8月号 2015年7-8月号
2015年7-8月号

2015年7-8月号

2016年9-10月号 2016年9-10月号
2016年7-8月号

adpark

  


2017年3-4月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.16】

2017年3-4月号

2017年3-4月号


2017年1-2月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.15】

2017年1-2月号
2017年1-2月号

2016年11-12月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.14】

2016年11-12月号


2016年11-12月号


2016年9-10月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.13】

2016年9-10月号

2016年9-10月号


2016年7-8月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.12】

2016年7-8月号

2016年7-8月号


2016年5-6月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.11】

2016年5-6月号

2016年5-6月号


2016年3-4月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.10】

2016年3-4月号

2016年3-4月号


2016年1-2月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.09】

2016年1-2月号

2016年1-2月号


2015年11-12月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.08】

2015年11-12月号

2015年11-12月号


2015年9-10月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.07】

2015年9-10月号

2015年9-10月号


2015年7-8月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.06】

2015年7-8月号

2015年7-8月号




2015年5-6月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.05】

2015年5-6月号

2015年5-6月号

2015年3-4月号



2015年3-4月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.04】

2015年3-4月号

2015年3-4月号

2015年3-4月号




2015年1-2月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.03】

2015年1-2月号

2015年1-2月号




森泉さんプロデュース「ペットのための家」木下工務店

2014年11-12月号

2014年11-12月号



2014年11-12月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.02】

2014年11-12月号

2014年11-12月号



2014年9-10月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 活動REPORT vol.01】

2014年9-10月号

2014年9-10月号



2014年7-8月号 【一般社団法人犬と住まいる協会 発足】

2014年7-8月号

2014年7-8月号



2014年5-6月号 愛犬と暮らす素敵なおうち作り 【LIXIL 下岸建設株式会社】

2014年5-6月号
2014年5-6月号




2014年3-4月号 愛犬と暮らす素敵なおうち作り 【LIXIL 庭遊館】

2014年3-4月号
2014年3-4月号



2014年1-2月号 愛犬と暮らす素敵なおうち作り 【LIXIL ライファ多摩】

2014年1-2月号

2014年1-2月号



2013年11-12月号 いま!展示場が面白い!【積水ハウス練馬展示場編】

2013_11-12

2013_11-12



2013年9-10月号 いま!展示場が面白い!【積水ハウス豊洲展示場編】

2013年9-10月号

2013年9-10月号



2013年7-8月号 共住 賢くペットと暮らす物語

2013年7-8月号

2013年7-8月号



2013年5-6月号 共住 賢くペットと暮らす物語

2013年5-6月号
2013年5-6月号



2013年3-4月号 共住 賢くペットと暮らす物語

2013年3-4月号
2013年3-4月号



2013年1-2月号 共住 賢くペットと暮らす物語

2013年1-2月号
2013年1-2月号



2012年11-12月号 共住 賢くペットと暮らす物語

2012年共住
2012年共住
2012年共住
2012年共住



 2012年9-10月号 共住 賢くペットと暮らす物語

2012年9-10月号

2012年9-10月号


 【2012年7-8月号 共住】


 【2012年5-6月号 共住】


【2012年3-4月号 共住】

 

 


【2012年1-2月号 共住】



【2011年11-12月号 共住】

 

ペクマガ11-12月号 賢くペットと暮らす物語「床材編」「今、ワンコたちの足腰が危ない?!」

人とペットの環境づくり”Side×Side”サイドバイサイドの考え方 動物サイド(性質・行動特性)×人間サイド(暮らし方・感情)

野中

先日ペット飼育者との懇談会があり、ペットと暮らすにあたって住宅環境で一番気を使う点は何かと尋ねたところ、「滑る床材」股関節脱臼や高齢犬の足腰の話題が多く、関心が高いことに気づきました。

フローリングはペットにとって滑りやすく負担がかかるため関節炎などの原因になる。爪音などの階下への音漏れについての配慮も必要であるようです。

コルクやセラミックコルクはペットとの共生向きだと考えられます。また表面素材を工夫した滑りにくい床タイルも開発され、床材の上からじゅうたんを敷いたり、衝撃吸収、磨耗耐用、消臭、耐水などの効果を持つ樹脂シートを敷くご家庭もあるようです。

ペット向きの敷物を選ぶだけでペットも住まいも守ることができますね。

ペットの匂い対策としては、耐アンモニア素材、消臭効果のある素材がある。畳も水洗いができるものが出ているようです。

積水ハウス ディア・ワンでは、どのような考え方をお持ちですか?

 

女ヶ澤

フローリングはバリエーション豊富でお手入れも簡単、キズにも強いので採用率が高いですよね。でもワンコにとってみればスケートリンクの上で生活しているようなもの。体型的、先天的に股関節脱臼になりやすいワンコにとっては命に係わる問題といっても過言ではありません。

 日常のお手入れの事も考えると、人間にもペットにもやさしい床材の採用を検討したいですね。  

 

野中

先日開催された「インターペット」でPeikuブースに立ち寄られた方のアンケートによると、室内で「放し飼い」の方が多く88%、特にお留守番犬(カギっ子?!)の時間が、5時間から9時間が50%、10時間以上は40%に及んだ結果にびっくりしました。

そうなると室内飼育で特に足腰に気を付ける飼い主が多くなるというのもうなずけますね!

 

 

 

女ヶ澤

室内飼育の場合はコルクやセラミックコルク、タイルなどワンコの足にやさしい「滑らない床材」をお勧めします。その場合コルクフロアは床暖房対応かどうか、タイルは目地が防水・防汚対策が成されているかチェックしましょう。

 積水ハウスではタイルカーペット「ファブリックフロア」をおすすめしています。適度なクッション性を備えて滑りにくいので、ワンコだけでなく家族の素足にもニャンコにも歩行感の心地良い床材になっています。

 また耐傷性に優れており、引っ掻いたりかじったりするのが好きな成長期のワンコにも安心。防音性も高いので、爪の音も気になりません。

 しかもファブリックフロアはタイル状になっているので、汚れた部分だけはずして丸洗いも可能です。汚れや傷みがひどくなれば取り替えも可能です。

  

野中

新築時にはそのような特徴のある床材をチョイスすることができますが、リフォームや今使用している床にも施工できるような商品があるようです。

 

女ヶ澤 

ほかにも様々な床材がありますが、人間にもペットにもやさしい素材についてのベストチョイスは1つではありません。犬種、個体差、しつけ、接し方はそれぞれ違います。

 ワンコも一緒にご家族に合った生活が出来るように床材もしっかり悩んで決めてみてはいかがでしょうか。

 

ディアワンのHPより、床材の質感を変えた設計を取り入れたケースをアップしております。参考にされると良いかもしれません。このケースでは、その子の本能と習性や行動を家族が考慮したうえでSide×Saide(サイドバイサイド)の考え方を用いた結果だと言えるかもしれません。

●S邸:家族と愛犬、それぞれが自分の居場所を持ちながら交流

http://www.sekisuihouse.com/

ディアワン→ディアワンの詳細情報はこちら→「おみせします。わが家の愛犬仕様」→「S邸」

 

野中総評

ペット共生住宅と一口で言っても、ペット用の設備から細かな配慮設計、材質提案など様々な手法があることに気付かされます。滑りやすい床材を施工しても、パウ(肉球)周りのクリッピング(指の隙間から出ている毛の処理)などをこまめしてあげることが必要かもしれません。その上でペットに優しい配慮された手法がシナジーになって「賢くペットと暮らす物語」が生まれてくるのかもしれません。積水ハウス ディア・ワンのスタッフに相談すると良いでしょう!さて次回は、Day Care「お散歩後の足洗い」やPet Care「ワンコのシャンプー」について積水ハウス株式会社ディア・ワンPECOSお台場店 女ヶ澤店長に聞いてみます!

 

 


【2011年9-10月号 共住】

ペクマガ9-10月号 紙面対談 【積水ハウス 女ヶ澤×野中】

人とペットの環境づくり”Side×Side”サイドバイサイドの考え方
動物サイド(性質・行動特性)×人間サイド(暮らし方・感情)

賢くペットと暮らす物語「DOG GATE編」
House In Houseという新しい住まい方の提案 by Peiku&With♡Pet

 

【野中】
ペットと一緒に生活する人が増えましたが、特に室内飼いのお家が増えています。
室内でペットと暮らす際にDOG GATEの必要性はあると思うのですが・・・。

【女ヶ澤】
必要ですね
現代の住まいづくりは(主に都心部を中心に)リビング・ダイニング・キッチンがつながったオープンスタイルが主流です
キッチンに立った奥様が家族を見渡せる素敵なスタイルですね。
しかし、ペットと一緒に生活する事を考えると危険がいっぱいです。
キッチンカウンターではちょっと目を離した隙に下ごしらえ中の食材を食べられてしまったり、包丁やピーラ―など調理道具が無造作に置いてあったり、ダイニングでもちょっと席を離れた隙に椅子やテーブルにピョンっと乗って悪さしてしまいます。
実際に経験されてる方も多いのではないでしょうか?
実はウチもそうでしたが(笑)

【野中】
リビング・ダイニング・キッチン以外にDOG GATEの必要な場所はありますか?

【女ヶ澤】
ありますね。
玄関ホールでは不意の来客や宅急便の受け取りなど、ドアを開ける際に注意が必要です。
来客者に飛びかかったり、脱走してしまう子がいますよ。
パパやママが応対している様子が見えればいいのですがドアを閉めて見えなくなってしまうと不安になって泣き(吠え)続ける子がいます。
静かにしてるなーと思って戻ってみたら、いたずら三昧だったり(笑)
階段の降りぐちも危険ですね。
やんちゃな子や多頭飼いなどのケースでは転落するケースもあるぐらいです。


【野中】
DOG GATEに限らず、段差を少しつけたり、床材の材質を変えたりすることにより暗黙の領域をわからせる設計手法があると聞きますが?

【女ヶ澤】
当社で開発したタイルカーペット「ファブリックフロア」や、INAXさんのペット用タイルなど、ペットにやさしい素材を上手に使って人とペットの領域をつくる設計手法ですね。
同じ空間でお互いの雰囲気を感じながら、人間の領域に踏み込まない・・・。お互いがストレスを感じることなく居られるなら、それが「ペット共生型住宅」の理想形かもしれませんね。
しかしその為にはその子の本能と習性や行動を考慮したうえで、しつけとトレーニングが必要かもしれませんね。
DOG GATEの取り付けが難しい、若しくは邪魔になってしまう場合は、リードフックやリードリングの取り付けをおすすめします。場所もとらず行動制限が可能ですし、ちょっとした物を掛けておくにも便利です。
設置する場合は壁下地を確認する必要がありますので、特に引っ張りの強い子や大型犬の場合は気をつけましょう。

【女ヶ澤】
ディアワンのHPより、床材の質感を変えた設計を取り入れたケースをアップしております。参考にされると良いかもしれません。このケースでは、その子の本能と習性や行動を家族が考慮したうえでSide×Saide(サイドバイサイド)の考え方を用いた結果だと言えるかもしれません。
●S邸:家族と愛犬、それぞれが自分の居場所を持ちながら交流
http://www.sekisuihouse.com/
ディアワン→ディアワンの詳細情報はこちら→「おみせします。わが家の愛犬仕様」→「S邸」

 

【野中総評】
ペット共生住宅と一口で言っても、ペット用の設備から細かな配慮設計、材質提案など様々な手法があることに気付かされます。また、毛の長い犬種から短い犬種、足の長い犬種、短い犬種・・・など人の生活スタイル×ペットによって様々な手法があると言っても過言ではないようです。ディアワンのスタッフは日夜情報を取り入れ試行錯誤しているのですね。頼もしい限りです。
さて次回は、ペット育児ママが気になる「今、ワンコたちの足腰が危ない?!」について積水ハウス株式会社ディア・ワンPECOSお台場店 女ヶ澤店長に聞いてみます!


≪DearOneクラブ会員募集中!!≫
DearOneクラブでは、ワンちゃん・ネコちゃんと一緒に参加が出来る楽しいイベントをたくさん企画しています。
DearOneクラブ会員に入会して、ご一緒に楽しいひとときを過ごしてみませんか?

【過去に開催したイベント内容】
・フォトコンテスト ・犬の脳トレ ・ドッグマッサージ ・わんちゃん手作りごはん教室 ・オリジナルビーズリード作り教室 ・愛犬愛猫健康診断 ・オリジナルおやつケース作り教室
【今後予定しているイベント】
・デジカメ教室 ・オリジナル肉球クリーム作り教室 ・トリミング教室 など

■入会方法■
・ディア・ワンPECOSお台場店にご来店または、
ホームページ http://www.sekisuihouse.com/dearone-pecos/odaiba →お問合わせフォーム
よりご入会下さい。
スタッフ一同、お待ちしております!


【2011年7-8月号 共住】

「野中」

House in House」の考え方をお聞かせください。

 

「水野」

近年、家族と同じように部屋の中で寝起きを共に生活する犬が増えました。

大切な家族の一員として迎え、部屋の中で自由に放し飼いする事が一般的な飼い方になったと言ってもいいかもしれません。

しかし今年3月の東日本大震災では、放し飼いに慣れてしまっている犬たちが、避難地でクレートや狭い小屋で大人しくしている事ができず避難所に入れない・・・という事態も多く見受けられました。

愛犬の為に、室内飼いでも日頃からハウスに入る習慣があった方が良いと私は思います。

私たちは愛犬のために、どれだけのことを考えてあげられているのでしょうか?

そもそも部屋の中は、犬たちにとって住みやすい場所なのでしょうか?

犬の目線になって床上 10cmから部屋を見渡してみて下さい。

自分の体よりもはるかに高い天井 大きな洋服タンス・食器棚や冷蔵庫に囲まれ、

犬の良く聴こえる耳には大きすぎるテレビやステレオ 携帯電話やインターフォンの音などがあり

本来であれば部屋の中は 落ち着いて生活できる環境ではないのです。

私たち人間は 犬を庭で飼うスタイルから室内で飼うスタイルに生活が変わっていきましたが

犬自身は時代や生活する場所が変わっても、祖先がオオカミと言われている本能は変わらず

囲われた穴のような空間を好みます。

犬は大切な家族です。

でも私たち人間と犬は、体の大きさも違えば 行動も体のしくみも全く違う生き物です。 

部屋の中にハウスを置き、犬たちにとって暮らしやすい環境を作ってあげる「House in House」は、

同じ部屋の中で、私たち人間と愛犬が、お互いに快適に過ごすために、とても大切なことなのです。

House in House」のキーワード:安心・安全(震災)・良好な関係づくり・寛ぎ空間・安眠

 

「野中」

ペットが人間社会に来るまでは、野山での生活とストレス社会だったと聞きます。また群れの生活だっとも聞きます。

木の根元や土穴がHouseであり、安心して安眠をとったり、時には震災から身を守ったり、寛ぎの空間だったのかもしれません。

 

「野中」

 家づくりにおいて「House in House」の考え方と積水ハウスの家づくりにおける共通性があるのではないでしょうか?

 

「女ヶ澤」

共通性がありますね。一つは、ワンコが入る“箱”という“もの”でありますよね。いわゆる一般的な呼び方ですが「犬小屋」(笑)

とくに新築でもリフォームでも住んでからやっぱりこうすれば良かったあーすれば良かったとか一時的に囲ってみるとか“もの”だと簡単に移動できたり「お互いに快適に過ごすために」という考え方としては「House in House」は重要であると勉強になりました。

 また、弊社のペット共生住宅に関する冊子の中にも、この考え方があると書いてあります。

だから、特に興味深く感じていますし、水野さんの考え方と弊社のペット共生住宅とのシナジーも感じています。

また、一方では、「愛しいわが子の為に・・」と、8畳のお部屋を提供したり、眺めの良い屋上を解放したり、ものいわぬわが子に対して飼い主の一方的な愛情を注ぐケースはよくありますが、はたして彼らは本当に望んでいるのでしょうか。そしてお互いが本当に快適に過ごしているのでしょうか。

ワンちゃんたちは「本当は狭い場所で寛ぎたいんだワン!」とは言ってくれませんよね。(笑)

積水ハウスの「ペット共生住宅研究」では、動物としての本能・欲求を満たしてあげるべきこと、人が暮らしでかなえたいことを分けて並べてみることで、ペットと共に暮らすわが家づくりを考えました。

それが、「Side By Side」という手法。ペット主体でも人間主体でもなく、相手を理解し、自分の望みもあきらめず双方の欲求のバランス・ポイントを見つけることで折り合いをつけていきます。

むろん双方の欲求が、両方ともかなえるべきものとは限りません。その見極めを行い、秩序立てていくことが大切なのです。

ペットの欲求(Side Animal)と家族の思い・夢(Side Human)が揃って並んだら、「しつけ」「飼い主自身の努力」「住まいでの工夫」の3つの方法のいずれか、あるいはその組み合わせで折り合いのつけかたを見つけていきます。

House in Houseは新築工事でもリフォームでも提案できる点がいいですね。

またWith Petの商品群は全てお洒落なのがポイント高いですよね。

 これからは「House in House」をきっかけにお客様と「Side By Side」を語る機会が増えそうです。

 

「野中」

外国映画の中で、ペット嫌いのお客様が来ると「ハウス!」といって、ペットの定位置である「House in House」が良く目につきます。

ペットにとっても、本当の意味で寛げる場所、自分の匂いだったり、家族でも立ち入らない場所だったり・・・その点日本で多いのは“ゲージ”ですね、仔犬の時期から成犬になってもそのままの“ゲージ”が「House in House」になっている場合が多いようですね。

その「House in House」という考え方をデザインしたのがWith Petの商品群だと僕は考えています。

そういう“定位置”をお洒落に優雅に“ペットに尊厳を与えた”「House in House」という考え方を投げかけた・・・と思っています。

積水ハウスさんが売っている“家”は、お父さんが疲れて帰ってきて寛げる団欒がある“家”や子供達も学校の教室の中で心が疲れたり折れたりして帰ってきて修復する場所が“家”なのかもしれません。その点で家族の一員であるペットにも「House in House」は家族の一員である証でもあると僕は思います。

 

「野中」

犬小屋をオーダーするお客様にはどのような方が多いのですか?

水野 せっかくこだわってデザインした新築やリフォームなのに、ペットハウスが中国製で空間にあわない・・・とか全部の空間としてとらえているお客様が多いようです。

ペットも家族もリビングで過ごすご家庭が多くなった背景があり、視界の中にある市販のゲージが許せないなどペットのモノでもお洒落に演出したいという方が多いようです。

人のそばにペットがいつもいるという文化「Side By Side」に日本が変わってきたことが私どもの「House in House」という商品へ需要が喚起されてきたと思っています。

 

「女ヶ澤」

積水ハウスの暮らし方のご提案の中で“いつも傍にいるペット「Side By Side」家族の一員と言う尊厳を形にした「House in House」”は一つの思想としてこれからお客様へコンサルティングできれば良いと思っています。

 

「野中総評」

積水ハウスの「Side By Side」という家づくりの考え方とそれを補う「House in House」というプロダクツの融合は偶然のようですがやはり必然のようです。ペット共生住宅では、両社ともペットに対する情熱と思いが必然的に融合されたのではないでしょうか。

積水ハウス ディア・ワン×With Pet 

ペットを尊厳する形が「House in House」という考え方を生みだし、犬小屋から家まで拡がってきています。

東日本大震災で家族の絆を見直す傾向が増えてきております。いつも傍にいるペットも今一度見直してはいかがでしょうか?

取材場所

東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー21

積水ハウス 住まいの家学館 ディア・ワンルーム

http://www.sekisuihouse.co.jp/

 

■積水ハウス ディア・ワンPECOSお台場店 

TEL. 03-5564-2321
営業時間:11:00~20:00
住所:〒135-0064 東京都江東区青海1丁目3-15
お台場パレットタウン内ヴィーナスフォート1階
最寄駅:りんかい線/東京テレポート駅
もしくは、ゆりかもめ/青海駅

■With♡Pet
水野真里
mari@withpet.jp
住所変更:名古屋市天白区八幡山1538
TEL:052-893-6804 FAX:052-834-2614
http://www.withpet.jp/


ペットと快適に暮らす住まいのご提案 2011.1-2月号

ペットと快適に暮らす住まいのご提案 2010.11-12月号 

  

ペットと快適に暮らすアンテナショップ「DearOne2010年9-10月号 

ペットと一緒に暮らす家づくり
「動物が好き。」「心が休まる。」「家族との会話が増えた。」これは、多くの人が答えたペットと暮らす理由です。
すっかりわたしたちの家族になった、愛すべきペットたち。その家族の一員の暮らしを考えるうち、積水ハウスが気づいたのは、
ペットが暮らしやすい住まいは、人にとってもなお、そうであること。人にとってのメンテナンス性や使い勝手、ペットの生活に
とっての健康性や快適性など、人とペットの両方の視点をバランスよく設計に生かし、アイテムの研究開発を行っています。
誰にとっても快適な住まいを、という積水ハウスのユニバーサルデザインの考えは、ペットと一緒に暮らす家にも生かされていま
す。また、プランを考える上で重要なのが、ペットとの暮らしです。どの場所を中心に触れ合うのか、どの部屋に居場所をつくる
のか、どこのスペースには入って欲しくないかなど、積水ハウスではペットへの接し方と、ペットの大きさとの関係から、
「LDスタイル」「フリースタイル」「コートスタイル」「キャットスタイル」の4つの暮らし方スタイルに分類しました。
これらを基本にあなたとペットにぴったりの暮らし方をご提案します。

 

ペット共生型リゾート 2010年7-8月号 

 

■全体概要/物件概要 ●名称/ルネス熱海BLUESIA ●所在地/静岡県熱海市伊豆山字太夫田1124番地2他(地番) ●交通/JR東海道本線・東海道新幹線「熱海」駅下車、バス15分(「公民館前」バス停から徒歩2分) ●用途地域・地区/第1種中高層住居専用地域 ●敷地面積/7,206.94m2 ●建築面積/2,279.60m2 ●建築延床面積/12,996.71m2 ●構造・階数/鉄筋コンクリート造地下4階地上8階塔屋1階建 ●総戸数/139戸(管理員事務室、多目的室(2室)、集会室、ビジタールーム含む) ●販売戸数/8戸 ●住戸専有面積/65.24m2(6戸)・70.24m2(1戸)・94.71m2(1戸) ●バルコニー面積/12.60m2(6戸)~18.23m2(1戸) ●ポーチ面積/1.96m2(7戸)~6.67m2(1戸)
●室外機置場面積/0.77m2(5戸)~1.31m2(1戸) ●間取り/2LDK(7戸)3LDK(1戸) ●販売価格/2,280万円(1戸)~4,480万円(1戸) ●最多販売価格/2,300万円台(2戸) ■管理 ●管理費等/27,630円(6戸)~40,130円(1戸)(月額) ●温泉維持管理費/5,877円(月額) ●エミット・マンションシステム利用料/998円(月額) ●インターネットサービス料/2,625円(月額) ●修繕積立基金/282,100円(6戸)~409,500円(1戸)(引渡時一括) ●駐車場/90台(屋根付53台(一部屋根なし)(使用料月額)4,000円~8,000円)(屋根なし37台(使用料)無料) ●管理形態/入居後、区分所有者全員により管理組合を結成し、管理会社に委託 ●管理会社/株式会社東急コミュニティー 

●専有部分は区分所有権。土地及び建物の共用部分は区分所有者の専有面積割合による共有。 ■工事工程等 ●建築確認番号/第ERI07014036(平成19年8月2日)
●完成/平成19年8月10日(完成済)●引渡/即入居可●事業主・売主/オーシャントラスト株式会社●監修/株式会社飯田建築設計事務所●設計・監理/株式会社朝倉崇夫都市建築設計事務所●施工/株式会社ナカノフドー建設●広告有効期限/平成22年8月31日末日※当物件の温泉施設は、露天風呂(緑影の湯・珠零の湯):天然温泉かけ流し、冬季の厳寒期に限り加温。内湯(緑影の湯・珠零の湯):天然温泉(一部循環ろ過併用型) ※表示価格には消費税が含まれます。 ※上記概要は平成22年5月17日現在のものです。■取引形態詳細●事業主・売主オーシャントラスト株式会社
■お問合せ先・資料請求先 〒413-0002 静岡県熱海市伊豆山上七尾1120-22 「
ルネス熱海BLUESIA」マンションギャラリー/フリーダイヤル0120-887-206
■備考
●※価格及び課税対象となる管理費等には消費税を含みます。
●※土地の販売価格、管理費等は非課税対象です。
●※先着順受付中つき売約済の際はご容赦ください。。
●※お申し込みの際は印鑑と申込証拠金10万円をご持参ください。
●取引条件有効期限 平成22年8月31日

大人のための愛犬家住宅・姫宮別邸 2010年5-6月号

 

 癒されているか癒してあげたい・・・。

「ヒトは足湯・ペットは温泉浴」が楽しめる、

 大人のための趣のある愛犬家住宅・姫宮別邸の

 魅力を探る。

 

場所は埼玉県にある宮代町。

都心から約1時間半。のんびりとした静かな住宅地の中にその家は建っている。

アーバンリゾートの名が一番似合う“宮代の街

都市機能を備えた理想的な田園暮らしを求める方へには肌が合う街かもしれません。

では、別邸を覗いてみましょう・・・。

塀から除く庭の木々。

門扉を通ると右手に庭が広がり、

左手には木のルーバーで囲われたテラス。

そして正面には趣のある平屋建ての家。

この家は築25年余りの住宅。

 

4ヶ月前はごく普通の家であり、改築後「大人の趣のある愛犬住宅」として生まれ変わった。 

広々とした玄関からリビングに入ると落ち着いた和風モダンな空間。

開放的なキッチンに広々としたリビング。

琉球畳が敷かれた和室。

そして日差しが差し込む大きな窓。

障子を開けるとそこには改築前からある五葉の松が堂々と立っている。

地面には枕木が敷かれ、ワンコも自由に走り回ることができる。

広縁に座り、そんな姿を見ながらのんびり過ごしたらさぞ気持ちいい空間である。

 

今度は奥の部屋からテラスに出てみると、床の真ん中の部分がフタになっている。

持上げてみるとそこには【DOG】と書かれたプール。

夏はそこで水浴びをし、寒くなったら足湯をしながら、ワンコと温水浴ができる。

宮代の街を駆け巡ってきた“優しい風”がテラスの頬を撫でてくれます。

 

ただし「愛犬住宅」といってもこの家にはそんな特徴があまり感じられない。

つまり「大人の趣のある愛犬住宅」なのである。

床は無垢のフローリング、壁は左官塗り。特別な設備もない。

しかし、それがこの家のコンセプトなのである。

生活する上で家に傷がつく事は当たり前のこと。

ペットがいるからと特別に考えることはない。

人と犬が同じように心地よく暮らすことできる

それがこの家が「愛犬住宅」である理由なのだ。

 

「姫宮別邸を計画するにあたって」

 

近年よく耳にする「愛犬のための○○」、「愛犬との○○」という言葉。

愛犬を家族の一員として迎える家庭が増え、世の中には様々な愛犬グッズやペット商材が出回っております。

私の家にも2匹の犬がおり、日常の生活からご飯やおやつにもいろいろと気を配って、この仔にとって良いものをと考えることは当然のことと思います。

そんな大切な愛犬と暮らす上で住宅のあり方というのは非常に重要なポイントになると思います。

都会ではマンションで犬と暮らすご家庭も数多く、周りに気を遣ったり、自由な生活スタイルを我慢している方もいらっしゃると思います。

実は、私たちもそんなマンション暮らしの一員だったからです。

そんな時、この姫宮の物件に出会い、私たちが考える「愛犬住宅」を形にする機会を得ることになったのです。

 

「愛犬住宅」を考える上で我々が最も大切にしていることは、人が皆それぞれ違う生き方をし、違う性格を持っているようにペットにも同じ仔はおらず、その家族とどう暮らし、どう関わっていくかは、家族の数だけ多様なパターンがあるということです。

今回のこの住宅では、ペット専用の設備や傷のつきにくい建材をあれこれ駆使して作った箱ではなく、人とペットが一緒に住まうということに重点を置き、ゆったりと時間が流れていくような空間になれば・・・との想いからできたものです。

なので、この家にはペットのための特別なからくりはありません。人のため、そして犬のために一つ一つ考えていった個々のアイディアがデザインと一体化したとき、人は安堵感ととともに心地よさを感じるのではないでしょうか?

 

いつか無垢のフローリングについた傷も年月とともにこの家の風合いになり、この家で共に年を重ねてきた証になる。

そんな風に人もペットも心地よく暮らしていけたら、それが我々の考える「大人の趣のある愛犬住宅」なのです。

 

※この宮代町の「大人の趣のある愛犬住宅」は、販売もしております。

※HPへアクセス! http://wellmade.co.jp/estate

 

ギャラリーウェルメイドについて」 

社会情勢も含め、めまぐるしい変動を伴う現代社会において人の価値観はどんどん変ってきております。

デザイン会社ウェルメイドは愛犬との楽しい生活の実現のために住宅とアートを融合させWELL MADE(よくできたもの)なものをご提供していくことを大切なこととして取り組んでおります。

この度オープンしたギャラリーでは、ワンコとアートをコラボレーションさせ、より豊かで楽しい生活を送るためにワンコをコンセプトとした企画展を多数企画してまいります。

企画展の具体的な情報をご希望の方はホームページからアクセスお待ちしています。http://wellmade.co.jp/estate

 

  

   

Peiku共住WebShopping

 

【ここをクリック↓】

読者の皆さまからお問い合わせが多かった

ペット共住ショッピングがOPEN!

・ちょっとした場所にリードフックを付けたい!

・ペット用くぐりぬけドアが付けたい!

・お風呂場でのシャンプーを楽にしたい!

など、スグレモノのアイテムをご用意!

ワンクリックで購入できるようになりました!

【注目商品】

◆ビーズウォッシュ

ユニットバスのシャワーヘッドをビーズウォッシュに交換するだけで、スキンマッサージをしながら楽にシャンプーが出来るのです!

★普通のシャワーだと水が飛び散りペットが嫌がる心配もなく、ペットの体に押し当てるとシャワーの水がペットの体に当たって跳ね返る(オーバーフローする感じ)ので・・なんとも不思議!

★ペットが全然嫌がらない!

全国一律送料¥500、代金引換で安心(代引き手数料¥315はお客様負担)

 

 

共住「賃貸」 ペットスマイルネットワーク

Peiku推奨の証・・・PetSmileNetwork
アンケートでわかったこと・・・ペットに対して理解があり優しい不動産shopを教えてほしい・・・その街に住むのだから、ペットが好きなスタッフさんにお部屋探しを手伝ってもらいたい・・・。
そんな考え方から生まれたのが、PetSmileNet
Peikuではペット可物件を取り扱っている不動産shopの皆様にお声をかけまくりました~(笑)

 

   PetADPARK×Peiku

   不動産検索大手のADPARKとコラボが実現!

   ●ペットに優しい不動産shopの紹介

   ●ペット可・ペット共生型物件の情報がたくさんある、優れもの!

   友達にも教えてあげようね!

   ●是非下記バナーをクリック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ペットを飼っているスタッフがいる不動産屋さんや

ペット好きな社長さんやスタッフのいる不動産SHOP

その街のペット情報なんかも知っているよ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 今すぐクリック!

 

ペットと住む家 ペット共住コーディネーター 「2010,1・2月号」

自らの住いをペット共生モデルに
暖められた空気は上昇しそこに風の流れを作ってくれます。これを応用すれば住宅の中にも自然の風の流れを作ることができます。
自然の風、バルコニーから吹き抜けを通り屋上のペントハウスに抜ける風の道。
「風を感じるリビング」
チーク材のフローリングのリビングから通じるアウトドアリビングは鉄骨構造の車庫の上に、イペ材で造ったデッキバルコニーです。床をデッキにする事によって流れ込んでいる風は1階から上昇した空気と相まって屋上まで流れていきます。天気の良い日は家族の団欒の場所であり愛犬のミリオンにとっても憩いの場所となっています。我が家のペット共生はここから始まりました。
犬と人との共生には何が必要なんだろう?
犬は明確に指示を与えるとその指示に従い飼い主の行動を見るようになります。飼い主が犬の事をずっとみていなければならない生活では共生はできません。ドッグトレーナーの古銭氏は「犬の躾は、飼い主に明確に指示を出させることから」と言っています。犬との関係は何が良いかはそれぞれの考え方によりますが、その中で少しの工夫があれば人にも犬にも優しい住宅ができます。例えば足洗い場の高さを少し高くしてそこに水呑み場を設置すれば散歩帰りに犬は洗い場に上がってくれます。洗った犬を抱きかかえるのも床面が高いことで飼い主の負担は軽減されます。
室内ではハウス用の仕切りを利用して犬の居場所を与えてあげることができ、逆に入って欲しくないところを制限することもできます。
当社では簡単で丈夫に連結することのできるフレーム付きのハウス用ネット等も取り扱っております。他にもさまざまなアイデア満載のペット共生住宅をご覧ください。

リビング~アウトドアリビングへ
株式会社 デューワスタジオ
一級建築士事務所 長谷川 英樹
ペット共生コーディネーター

ペットと住む家

9年前からラブラドール(9ヶ月から譲り受ける)4年前から猫(捨て猫だった)と住んでいます。

犬は家の中で、自由にさせているのですが特に股関節の弱い犬種なので床がフローリングで滑り易いのは問題でした。
家中走り回りすべって転んで…ちょっと笑ってしまいましたが…
何年か前、タイルカーペットで洗って使える物があると知り貼ってみました。
左記の写真が、タイル(東リ・アタックシリーズ)を洗っているところです。
現状の床が、かなり傷んでいたのでワックスはやめてタイルカーペットにしました
貼るのは、専用の両面テープだけなので簡単ですし犬のぬけ毛も絡みつかず掃除も簡単です。
階段も滑って危ないので、コルクシート(裏面粘着シート)を踏面に貼っていますがこちらは、汚れがなかなか取れないのが問題です。

猫は、放し飼いなので網戸に窓をつけて出入させています。
夏は、窓を開けて網戸閉めるので風通しは良いのですが、冬は窓を10cm程開けなくてはならないので、冷気が入って来てしまう事になります。
この問題を解決する為に、猫窓(写真左)の取付を考えていたのですがガラスに丸穴を開けるのは難しいと聞いたので外壁を開口して取付けるもの(写真右)にしようかとも考えています。
今後は、築年数も15年を過ぎてしまったのでフローリングなど貼り替え廊下の腰壁の板貼り、珪藻土塗り等いろいろ考えています。床が新しくなったら、防滑タイプのワックスを使ってみようと思っています。

動物と暮すと家はいたみが早いですがその何倍もの安らぎを与えてくれることは、他の何ものにも変えがたい事なので家族の笑顔の為に自分でいろいろやってみようと思っています。

 

住宅に関するご相談は

建築・店舗設計・インテリアデザイン・新築・リフォーム     
株式会社デュー・ワークスタジオ
〒150-0036
東京都渋谷区南平台町4-8南平台アジアマンション209
フリーダイアル 0120-31-6101
http://www.dewt.co.jp/

 衣・食・住育VO,2

街角へーベルハウスでは、ワンラブフロワーの体験ができます!

 

 衣・食・住育VO,1

 

 

 


【PeikuPR】

  

 

共 住

 

 

7・8月号

はじめませんか?ミサワホーミング

へーベルハウス ペット共住生活

 

 共住.pdf(1,108.3KB)


【PeikuPR】

 


DAIKANYAMA

八幡通り、旧山手通り、キャッスルストリートを中心に

ハイセンスなブティックやカフェが並び、流行を先取りする街「代官山」

自然も多く、落ち着いた住宅街の顔も併せもち、洗練された暮らしを約束します

 

愛犬と過ごす

代官山Life

都心ならではの利便性と

多くの緑の調和した街「代官山」。

オープンテラスのあるレストランや

カフェも充実していて

ペットと過ごすには最適な環境。

愛犬と共に代官山ライフを

始めませんか?

 

 

西郷山公園

旧山手通り沿いに面していて、小高い丘から街を見下ろす眺望を楽しめる。リードをつけるなどマナーを守って散歩を楽しみましょう。

Pet Design

西郷山公園近く、旧山手通りをひとつ入ったところにある愛犬の為のトリミングのお店。シャンプー・エステ・アロマバスなど様々なコースを用意しています。

Three Dog Bakery

アメリカからやってきた愛犬のためのフードとグッズのお店、日本第1号店。保存料や着色料、砂糖・塩を使わないので安心です。飼い主のメニューも充実。

Deco's Dog Cafe

愛犬のための料理・おやつの研究家Decoさんの営む一軒家カフェ。愛犬と一緒にリラックスして食事ができる環境を提供します

 

 ●代官山ペットOKマンション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○取引態様/媒介(仲介)と表示の物件は、仲介物件につき成約の際に当社規定の

 仲介手数料を別途申し受けます。

○掲載写真は平成21年4月撮影です。

○物件情報は平成21年4月23日現在です。

○広告有効期限:平成21年6月末日。

 

 


 

ペット同居型レオパレス21 「Leo With Style」新登場!
「Leo With Style(レオウィズスタイル)」はペット可使用を標準化した
ワンルームタイプの都市型アパート。
「共生~誰かと共に暮らす生活スタイル~」を意味する英語「With Style」
を組み合わせてネーミングとしました。「ペット出入り口付洋室扉」を
取り付けるなどペット対応仕様となっております。

 

マンションではペット飼育に関する問題が増加

ただし、ペットの増加にともないアパートやマンションといったいわゆる集合住宅などにおいては、最近、ペットの飼育に関する問題が目立ち始めています。また、マンションのトラブル項目の上位にも「ペット問題」が必ずといっていいほど登場するようになりました。  具体的には、「鳴き声」「フンの後始末」といったものです。さらに、アパートやマンションだけではなく「他人への噛み付き」といった事故も増加しています。  また、これらは、ペットを飼っていらっしゃる方とペットにあまり興味のない方との考え方の隔たりが大きいのが原因の1つではないかと思われますが、できることであれば、かわいいペットが原因で問題は起こしたくないですね。

お部屋探しのお母様に必見!!
お子様のお部屋探しで”ペット可”を選択されたら・・・
東京の大学や企業に入学就職されたお子様に会いに、ご自分のペットと一緒に上京するハッピーが生まれ、その選択が増えているそうです。 大切なペットをお留守番させたり、ペットショップへのペットホテル費用を考えると納得ですね。

 

  


 

地震が多い日本

文部科学省では、2008年岩手・宮城内陸地震について、余震活動調査や地殻変動調査等を実施することにより、 近年日本国内で発生した逆断層型の内陸地震としては最大規模のものである本地震の発生機構を学術的に解明しました。

 

 もしも大地震がおこったら・・・
 ワンコとの日常生活を思い出しながら、もし大地震がおこったら・・と考えてみましょう。
 まずはイメージをしてみることが大切です。
 頭の中でイメージできたら、紙などに書き出してみましょう。
 そうすることで日頃から気をつけるべき事が、明確に見えてきます。

 ≪PeikuMagazine9月号 ペイクアドバイスにて掲載予定≫

 

 ◆住まいの安全性について◆
 自宅がどの程度の地震に耐えることができるのか、倒壊や崩壊の可能性がどれくらいあるのか
 を把握しておくことはとても重要です。
 住まいの安全性を考えることにより、震災後も自宅でワンコと一緒にいることができるのか
 または、避難所での生活を考えなければならないのか目安になります。
 少しでも不安があれば、自宅の耐震診断を専門家に依頼し、必要に応じて補強をしておくとよい

  でしょう。
 災害がおきた時、なるべくワンコと離れ離れにならないで済むようにすることが大切です。

 

 この日本においては、地盤調査・改良・保証×耐震性能住宅が必須かもしれませんね!

 そこでPeiku編集部が調査した結果・・・。

 住宅を建てる前に 地盤調査・改良・保証 の勉強をすること 

地盤占いで少しだけ関心を持ってみよう!

 

  地盤占いチラシ.pdf(2,786.1KB)

 Peiku×サムシング

 

是非地盤占い体験してみませんか?

※デモのため、近隣地盤データは提供されません。

 

   

 耐震+制震のことなら、ミサワホーム東京

 

 

 

家を建てるなら・・・土地から地盤診断を・・・。

そして家について真面目に技術研究しているハウスメーカーを・・・。

もちろん“ペット共住”のことならPeikuへ・・・。

 

 GOOD LUCK!! 

 


   

このページのTOPに戻る