トップ > 企業の素顔

  

  

  

  

  

犬と住まいる協会

  

  

ペット育児マガジン 企業の素顔 2013,1・2月号
2013年1-2月号



ペット育児マガジン 企業の素顔 2010,1・2月号

株式会社MONOKOFU代表取締役
白田 博
東京出身
平成16年9月(株)MONOKOFU設立

 

食の安全は、ヒトもペットも同様と考えています。
できるだけ多くのペットに、安心・安全なオヤツを届けたい。

 

■社長の“ビジネスで外してはいけないこと”は何ですか?

「顧客の満足」「商品への信頼」が第一と考えています。
弊社のビジネスに係る企業とヒトを重視し、信頼で繋がっていることが理想ですね。

 

■御社のペットへの取り組み・こだわりを教えてください。

安全な原料にこだわり、安心な製法にこだわりを持つこと。
食の安全はヒトもペットも同様と考えています。
これからも「ペットと健康」を重視した製品づくりを進めると同時に新開発の「銀座DOG」に見られるヒトとペットのコミュニケーションづくりに役立てるような商品づくりを進めたいと考えております。また、来春発売予定の「発酵・酵素ジェル」のようなペットの「健康」を重視したニーズの高い製品づくりを進めたいと考えています。

 

■ペットの数が人間の15歳未満の子供の数を上回りましたが、御社ではどのように感じていますか?

昔から子供への情操教育の一つとして、ペットの飼育がありましたがが、少子高齢化などの社会現象が「オトナの情操教育」のようなペット飼育が増加しているとも考えられます。
ペットを子供に見立てた「バーチャルベビー」や「パートナー」と呼ばれるようになった社会現象に際して今後は、ヒトとペットの共存社会として、飼い主の節度やマナーが問われる時代になると考えられると思っております。
少子化が進む一方でペットの飼育率の向上は明らかと考えられますのでますます細分化され、商品開発が難しくなると考えています。

 

■今後、御社はどのようになっていきますか?

顧客のニーズに合わせた製品づくりと、顧客からの声に対する商品提案の両面から展開したいと考えており、「顧客に近い商品作り」を進める企業になりたいと考えております。

 

■ペットメディアに対してに役目など、ございましたら教えてください。

これから更に飼い主を中心とした一般社会へのさまざまなペットに関する情報発信は重要になると思っております。
さまざまな情報の双方向性を持ったものが必要となると思います。その点「今」の消費者の声や「新しい商品をリリースする企業」の情報を持たれているPeikuさんは、我々には欠かせない存在だと考えていますよ。

 

■御社を通じてペットユーザー様へのメッセージなどお聞かせください。

食餌の改善やペットの住環境の向上が進み、ペットの寿命も伸びる方向にありますがが、同時に現在重要視されている生活習慣病やその他の病気がヒトに近いものになって来ていると考えられます。
弊社では、ペットがいつまでも健康で飼い主と共有できる時間を増やせることを願って「安心・安全なオヤツ」の分野で皆様のお役に立てるよう努力してまいります。

 

 

◆ペットモチーフ企業インタビュー◆

 

 

どうしてワンコがモチーフなの?

WAON編

 

---Happy Waonのプロフィールを教えて下さい。 

「Happy Waon」は2007年4月27日生まれで2歳の男の子です。犬種は電子マネー犬、趣味はショッピングで飛行機がとても大好きなワンコです。名前の「Happy」はお客さまへの公募で一番多かったもので、それに色々な音が響き合っていいものを作り出すという意味を込めました「WAON」=和音をプラスしたものです。

現在、「Happy Waon」は2歳のお誕生日を記念しまして、サイトにて絵本を公開中です!絵本では新しいお友達「エリン」も初登場しているので皆さんぜひホームページに遊びに来てください。

  

---なぜ犬をモチーフにしたのですか? 

 この「Happy Waon」はお客様からの約7000通の応募の中から生まれました。犬という動物は古くから人間と共に暮らしており、世界で多くの方に親しまれておりますが、特に30代~50代の女性に人気があります。イオンに最も多く来店いただいているのも30代~50代の女性です。「WAON」も犬と同じように親しみを持っていただきたと思っています。 

---WAONカードとはどのようなカードですか? 

「WAONカード」は発行枚数900万枚(4月末現在)、発行手数料は300円(税込)で、年会費は無料です。200円のお買い物で1ポイント(イオンと日本航空の提携カードなら1マイル)が貯まり、100ポイントごとに100円分のWAONにチャージ(入金)してかしこくお買物ができる使えば使うほどおトクなカードです。毎月5日、15日、25日はWAONでお支払いいただくと、WAONポイントが2倍となるお客様わくわくデーというイベントもあります。

 カードの種類も豊富で通常の「WAON」カードからクレジットカードやキャッシュカードと一体になったもの、携帯電話で使える「モバイルWAON」、JALと提携しマイルが貯まる「JMBWAONカード」などなど多くのサービスを提供しています。

 また、カード決済の時、機械にタッチすると「ワオーン」と鳴き声で決済完了を知らせてくれるユニークな電子マネーカードです。 

---どこで使えるのですか? 

現在、使うことができる店舗数は北海道から沖縄まで全国約28、000店舗ありまして、ジャスコ、サティ、ビブレなどはもちろんのこと、イオンショッピングセンター内の専門店、その他にはミニストップ、石見銀山観光施設、久里浜の商店街、沖縄アウトレットモールあしびなーなどがあります。 

---今後どのようなサービスを提供していくご予定ですか? 

 今年の秋にコンビニエンスストア大手「ファミリーマート」約6800店舗にて「WAON」がつかえるようになります。また、牛丼チェーン店「吉野家」でも今年の春からサービスを順次展開しています。今後も「WAON」は垣根なくオープンスタンスでどこでも使える便利な“生活者の電子マネー”として、様々なサービスをご提供していきたいです。

 

最後にペイクマガジン読者、ペットユーザーに向けて一言お願いします。 

 ペットを飼っている方は、ぜひ「WAON」を使って「Happy Waon」を可愛がってくださいね! 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駅やお店やテレビなどで見るワンコのポスターやCMなどペット好きの方はついつい気になってしまいますよね?
ペット好き代表としてペクマガ編集部が取材に行ってきました!


第1回目はシベリアンハスキーをはじめとして
様々なワンコを広告として採用している「Zoff」です。

 

--ブランド名「Zoff(ゾフ)」とはどのような意味があるのですか?
●アルファベット最後の「Z」、オフプライスの「off」で究極のオフプライスと言う意味の造語。
イタリアのサッカー選手、ディノゾフからきているという説もあります。

--なぜ「Zoff」はシベリアンハスキーを企業のモチーフにしているのですか?
●ハスキー犬の目の周りが黒くなっているのが、サングラスをかけているように見えるからです。かわいくてスタイリッシュなハスキー犬のイメージはZoffのファッション性の高い商品の提供に通じ、スピード感のあるハスキー犬のイメージはZoffの30分でお会計後商品をご提供するスピーーディーなオペレーションに通じる。ハスキー犬のキャラクターがZoffのビジネスモデルと合致していることからです。

--犬をモチーフにしたとてもユニークな広告が多くみられますがどうしてですか?
●ロゴのハスキー犬からZoffを連想していただけることが多くあり、犬好きの方に注目されていることが実感としてあります。
メガネ屋ですので眼が特徴的であることが一番。眼からの表情・力・輝きがあることが犬を採用している理由です。

--「Zoff」・姉妹ブランド「CONSOMM´E」のイベントや新商品の情報などお聞かせ下さい。
●春の新作は「24gradation(トゥエンティーフォーグラデーション)」です。女性にかけやすいグラデーションフレームが春、誕生しました。クール、スウィート、ナチュラルとテーマごとにカラーリングの違う全24種類で展開しています。
「CONSOMM´E」は、スイーツを選ぶ感覚でメガネを気分によって、シーンによってチョイスできるブランドです。
今回のキャンぺーンイメージは社内でも大人気のホワイトのフレンチブルちゃんです。

--「PeikuMagazine」読者(ペットユーザー)にむけて何か一言お願いします。
●今後も、Zoffは犬をアイコンとした商品やキャンペーンを行っていきますのでこまめにZoff HPをチェックしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

4月から発売している24gradation(トゥエンティーフォーグラデーション)の新作めがねとキャンペーンポスター。フレンチブルドックのうるうるした目……可愛いですよね! 姉妹ブランドの「CONSOMME」はラインストーンが散りばめられたものなど可愛らしいメガネがたくさんありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回取材にご協力頂いた

福原恵子さん(マーケティング部)

 


 

 

 

             

No.13

決して妥協せず、彼らが本当に喜ぶことと、彼ら=ペットの暮らしのために、 ひたすら考え、サポートします。

 

 

株式会社ポチみや    代表取締役

高 橋 政 義

 

平成元年4月 秋田より上京
平成2年4月 IT関係の会社設立
平成18年4月 (株)ポチみや 設立

      

         ― かけがえのないパートナーと共に過ごす一瞬一瞬を大切にします ―

 

●高橋社長の“ビジネスで外しては いけないこと”は何ですか?
 弊社は、食品を製造しておりますので、特に偽装等に関し徹底的に注意を払っております。また、徹底した原材料選びを行い、お客様へ「安心・安全」をお届けできるようにしております。

 

 ●ポチみやのペットへの取り組み・こだわりを教えてください。

19年に、原材料仕入業者様にお願いし、材料等の原産国を調査致しました。
弊社としての基準を作成し、使用する材料は、ペットに対し絶対的に安全である事にこだわりを持っております。

 

●ペットの数が人間の15歳未満の子供の数を上回りましたが、ポチみやではどのように感じていますか?
数字上のことであり、本質はまるで違うと考えてます。弊社では、常日頃若い社員には、結婚を進めております。
社会が成熟してくるにつれ、ペットを飼う傾向が多くなるように思います。私自身は、流行等に流されずにしっかりと愛犬をパートナーとして考え、ともに楽しく、より長く一緒にいたいと思っております。

●今後、ポチみやはどのようになっていきますか?

ひたすら、ペットの健康を考え、そして飼主様の満足度が高まるような、商品開発を行い、製造を続けてまいります。

●ペットメディアに対しての役目など、ございましたら教えてください。
 業界全体の利益、ヒット商品を作り出すことにご協力願いたいと存じます。高齢化社会におけるペットと共に暮らすあり方を、飼主様と一緒に考えていただきたいと存じます。

●ポチみやを通じてペットユーザー様へのメッセージなどお聞かせください。

 私たちは、ペットの食生活へ「安心・安全・おいしい」をお届けしたいと考えております。また、ペットを取り巻く環境が、より楽しく、刺激的であることを願っております。楽しい生活が1日でも長く続くようペットの健康を一緒に考えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

             No.12

「かけがえのない家族のために」をコンセプトに、安心してペットライフを楽しめるお手伝いをする。

 

日本アニマル倶楽部(株)

営業開発部統括マネージャー

 

 

 

伊 藤  

 

 

 

株式会社サークルKサンクスの人材開発部 統括マネージャーから2004年3月に当社へ転職。

現在、営業開発部統括マネージャーとして活躍中。

 

  

 ― ペット保険を通して病気やけがで亡くなる子や捨てられてしまう子を1頭でも助けたい… ―

 

 

●伊藤マネージャーの“ビジネスで外してはいけないこと”を教えてください。

「すべてはお客様のために」です。それを実現するためには「信頼できるパートナー」とビジネスをしていくことだと考えています。一時の自分(企業)の利益を求めるのではなく、お客様、お取引先、弊社がすべてハッピーになれるように心がけております。

●日本アニマル倶楽部のペットへの取り組みを教えてください。

 

保険を通しての取り組みではありますが、飼い主様がPRISMに加入しやすいように、「告知だけで加入できる」「若い子は健康診断なしで加入できる」「保障開始日が早い」「保険料は加齢しても上がらない」等、安心して加入し続けられる商品開発を行いました。今後も飼い主様、ペットにとって良いことは、どんどん商品開発に生かしていきたいと考えております。

 

●ペットの数が人間の15歳未満の子供の数を上回りましたが、日本アニマル倶楽部ではどのように感じていますか?

 

ライフスタイルの変化等により、少子高齢化、人口減少を迎えていく最中、ペット飼育人口は増え続けております。「子供の情操教育」「癒し」「子供・孫代わり」等、いろいろな理由が挙げられますが、ペット増加が子供の減少に影響を与えているとは考えておりません。欧米においては、犬と共生する文化が根付いており、公共の施設でも自由に連れて歩くことができます。日本では愛玩動物的な要素が多いかも知れませんが、犬文化が目覚め始めてきているのではないでしょうか。

●今後、日本アニマル倶楽部はどのようになっていきますか?

「かけがえのない家族のために」なることを、常に考え提供していきます。「保険」を通じてこれからも貢献してゆきますが、さまざまなペット関連の会社様と提携することによって充実したペットライフを提供できるかも知れません。常に飼い主様とペットの多様なニーズに応えてゆけるよう、可能性の探索と安心サービスの提供を目指してゆきます。

●ペットメディアに対しての役目など、ございましたら教えてください。

飼い主への情報提供だと考えております。ペットを嫌いな方もいれば、アレルギーの方もいます。また、飼い主の方のマナー悪さで、公園への立ち入りが出来なくなってしまったり、マンション管理組合で揉めたりという話も多く聞きます。ペットの正しい飼い方、マナーを身につけていただくために、情報提供がペットメディアに求められていることではないかと感じます。

●日本アニマル倶楽部を通じてペットユーザー様へのメッセージなどお聞かせください。

 

「ペット保険って必要なの?」との声をよく聞きます。「元気だから必要ない」「損しそうで入らない」と様々な理由を聞きますが、今一度考えてほしいですね。自分の子が病気になった際に、必要な治療を存分にできますか?動物病院は自由診療で全額自己負担ですので、万が一の際には困りませんか?ペット保険はペットライフを楽しむための必要経費ととらえましょう。

  


 

 

 

 

             No.11

 

 

不動産情報ポータルサイト

HOME ADPARK」を業界の先駆けとして

スタート

 

(株)アドパークコミュニケーションズ 

代表取締役社長

 

平 田 

 

1996年  「HOME ADPARK」を開設
2003年  「スペースファインダー」事業をスタート
2004年  「インベスターズネット」を開設
2008年   ケータイ版「HOME ADPARK」が

               全キャリアにおいて公式化

 

●平田社長のセンターピン(ビジネスで外してはいけないこと)を教えてください。

住宅と不動産は、私達の生活や社会の基盤であり、買うにしても借りるにしても、高額でリスクを伴うものです。一般の消費者の方だけでなく、企業にとっても同じことが言えます。そのような住宅・不動産の情報を正確で迅速に取り扱えるよう、情報通信技術を使ったメディアやシステムを広く社会のインフラとして普及させ、プラットホームになることを目指しています。

 

 

●御社のペットへの取り組みを教えてください。

当社では3年前よりペット可物件専門の検索サイト「Pet ADPARK」を立ち上げ、いち早くペットに関連する不動産マーケットに対して取り組んでおります。

 

 

●今後、御社はどのようになっていきますか?

ペイク様との連携企画である「スマイルネットワーク」を、サービスの内容と質の拡充を図り、今後より一層、住宅不動産業界におけるペットマーケットへの取り組みを強化していきます。

●ペット可の物件が増えてきましたが、御社ではどのように感じていますか?

今やペットの数は子供の数よりも多いと言われており、今後、ペットと同居する事を目的とした「ペット共生型」住宅が、より一層求められるとみています。

●ペットユーザー様へのメッセージなどお聞かせください。

大切なペットと家族同様に安心して快適に暮らしたい、という皆さまにご満足いただけるような、住宅と不動産をはじめとする様々な情報をご提供していきます。期待ください!

 


  

 

 

 

             No.10

新店舗が等々力にOPEN!

ペットとの自然なくらしをご提案します。

 

奥 村 正 晴

 

ビータの生活株式会社 代表取締役

1995年4月  株式会社ブレーンダム 代表取締役

1998年9月  ビースパ事業スタート
2000年7月  有限会社パイロットカンパニー設立 

        代表取締役

2008年2月  ビータの生活株式会社に社名変更

ビジネスで外してはいけないこと
お客様に対して、どういう価値(サービス)を提供しているのか?
またその価値(サービス)や方向性が間違っていないか?
お客様が本当に求めている事は何か?
喜んで頂いている事は何か?  -を常に問いかける。

 

ビータの生活のペットへの取り組みを教えてください。

人とペットが自然に暮らしていけるように、ビースパでは、ペットの健康を第一に考え、温泉浴を取り入れた外からのケアと、正しい食生活として内からのケアをサポートしております。

飼い主様が気持ちよくご利用頂けるようにお店は常に行き届いた清掃と笑顔の耐えない店舗で在り続ける事です。

 

ビータの生活の商品開発について

お聞かせください。

ペットの健康と安全を第一に考え、

お客様が安心出来る商品を企画開発

し、提供する事です。

 

今後、ビータの生活はどのように

なっていきますか?

人の自然な暮らしをテーマに、ペッ

食・花を通じて、地域に根付いた

サービスの提供と社会に貢献できる企

業であり続けたいと考えております。 

  ペットメディアに対しての役目など、ございましたら教えてください。

ペットを家族一員として生活している飼い主様に対して、これからもより有効な情報とサービスを提供し続けていきます。

 

ビータの生活を通じてペットユーザー様へのメッセージなどお聞かせください。

これからは今まで以上に、常にお客様にお応えできるスキルを磨き続ける事と、お客様の視点に立った、サービスと商品を提供していきたいと考えております。

 

 

 

私たちと「ビースパ」を始めませんか?

ビースパでは人材管理、店舗運営、経営管理等々、直接的なコミュニケーションにより、継続的に適切なサポートをお約束すると共に、オープン後においても、備品共同仕入れ、共同チラシ、生体仕入れ、新商品の導入、売れ筋管理等、本部の充実したサポートが享受できる仕組みになっていますので、オーナー様は安心して店舗運営に集中していただけます。
本部の充実したサポートにより、常にお客様に満足いただける付加価値の高い商品・サービスを提供することが顧客の確保に繋がり、安定した店舗運営を行う事が可能になります。FC加盟契約締結から、およそ3ヶ月で開業が可能となっております。

■各種資料請求はこちらから

        

 

 

 

 

■PeikuBATHの特徴■

・素人のペット育児ママでも楽々シャワー

・ペットが嫌がりません。

・エアーブロワー付きでドライヤーが楽ちん

・あなたのビルの1階に!

・ペット可マンションの1階に!

・コインランドリーのそばで!

・道路に面するご自宅の1室で!

・etc

今までのドックバスは・・・

1.大型犬を浴槽に乗せる為に一苦労…。
2.愛犬家の悩み…
  風呂場で洗うと「臭いが残る」「毛が飛び散る」「後始末が大変」
3.本来乾燥機を別途購入しなければならない。(40万円)
  又余計なスペースが必要。

 

これが課題でした。

 

PeikuBATHは、それらを解決する方法として
1.電動昇降機付!
2.シャワー自体が特殊構造により、洗い易く、シャンプー時のペットのストレスを

 軽減!
3.ドライヤー&ブロワーにて別途乾燥機のスペースが不要!

【想定される市場】
1.ペット可の分譲マンション・ペット可の賃貸マンション
2.ペット可のリゾートホテル・ペンション・コンドミニアム
3.ペットショップ・ドッグカフェ・ドッグラン
4.セルフ式ガソリンスタンド

 

 

オーナーもペット好き、入居者もペット好き・・・こんないい関係を築きませんか?
PeikuSPAは、両者の大切なパートナーをペットケアするための施設です。もちろん、この施設は近隣のペット愛好家にも時間貸しできる“賃料外収入”が得られる優れものです!

 

 

新しい鉄筋コンクリート造の家
暮らす人のこだわりが生きる、ワンランク上の住まいを追求したい。そんな想いで、建築家とともにデザインを考え、持っている技術の全てを活かしながらそのこだわりを形にしています。ここで、あなたの心を満たす最高の住宅に出会えることを願っています。                          

■各種資料請求はこちらから

株式会社ヒーローライフカンパニー

                      スターハウス事業部
〒105-0012 東京都港区芝大門2-3-1

 

 

 

◆コンサルティング→基本プラン→事業計画作成まで何回でも無料です。

Peiku企画営業部までお気軽にお電話を!  tel : 03-6314-1223 まで 


▲このページのTOPに戻る▲